初心者でも出来る!仮想通貨の始め方

仮想通貨を始めてみたいと思っている、そこの皆さん
今回は初心者にもわかりやすい、仮想通貨の始め方を記事にしていきたいと思います。

目次

仮想通貨とは?
仮想通貨を入れる、口座を作ろう
現物取引とFXの違い
ビットコインとアルトコインの違い

仮想通貨とは?

最近CM等も行われ、どんどん有名になってきているビットコイン
なんとなく、お金だよね?って事は分かりますが

一体ビットコインとは、仮想通貨とは何なのか?と思いますよね?。

仮想通貨とは、インターネットを通じて、様々な物に対して
対価として払うことのできたり、中央銀行や公的機関が管理しておらず
様々な『取引所』という場所で、円やユーロに換えることができる
今までとは違う、新しい通貨というものになります。
名称としては、仮想通貨、暗号通貨、デジタル通貨等、様々な呼び方がありますが
一般的に認知されている呼び方は、仮想通貨となります。

世界中でやり取りができる、ワールド通貨

ビットコインとは、先ほども説明した通り、インターネットを通じて
お金のやり取りが可能になるという通貨なのですが
インターネットでのお金のやり取りができる、という事ですが
その特徴の1つとして、国境などを関係なくやり取りができるという点。
円やユーロを送金するときに、普通ならば大量のコストがかかってしまうわけですが
この仮想通貨、ビットコインなどを使用すれば低コストで、送金が可能になるので
資産家はもちろん、一般人にも恩恵があるという事になります。

例:日本円→ドル 手数料 5000円前後
   :仮想通貨     手数料  無料~

仲介する団体がいないことで、コストが掛からないのが特徴
基本的に仲介する場所が入ると、手数料が掛かっちゃうわけです。

仮想通貨は値段が100倍になることがある

現在仮想通貨というのは、まだ発展途上の通貨になります。
現在10円で買える仮想通貨などが、一か月後、一年後には
1000円になっていることなんて、よくあるとも言われているほど
値段の変動が激しいことで、とても有名です。

ビットコインなども、当初は8万前後で取引されていましたが
2018年1月の現在に関して言えば、1コインあたり180万付近で
やり取りされているのがわかります。

1万円で買ったコインを、100倍になった時に売却して利益を得る
そんな資産の運用をするにも、良いといわれているのが仮想通貨のメリットです。

ただし、注意点として仮想通貨のやり取りで得た利益は
雑所得とみなされるので、しっかりと税金は払うようにしましょう

これからのビットコイン

現在世界でのお金のやり取りは、ユーロ、円、元、ウォン、ドル等様々な貨幣がありますが
国同士によっては、為替のやり取りに平等ではないことがあります
片方の国が損をしてしまう等という事ですね。

その片方の国が損になってしまうという事を、解消してくれる可能性があるのが
仮想通貨の魅力的な部分の1つになります。

現在仮想通貨の種類は600種類を、すでに超えてしまっているというのが有名な話
一番有名なビットコインを筆頭に、アルトコイン、マイナーコイン(草コイン)と
様々な種類で埋め尽くされている状況です
これらについては、後ほどご説明しますが、すぐにでも知りたい!って方はこちらからどうぞ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

仮想通貨の市場規模

ビットコインや他の仮想通貨の市場は現在6000億ドル規模で、今年初めの約170億ドルから急膨張
新規参入も大きくなってきているおかげが、グングン成長を続けている真最中です
主に急膨張している理由の1つに、投機的目的で利用している人が多いためだそうですが
この調子だと、さらに利用人数が増えて、過去最大のバブルになりそうです。

仮想通貨の市場規模

仮想通貨を入れる、口座を(ウォレット)作ろう

仮想通貨を始めるには、普通の銀行口座とは違い
まず口座(ウォレット)という物を作らないと、取引だったり、預ける事ができません
口座(ウォレット)を作るには、取引所という場所があり、そこで開設するのが一番おすすめです。

Bitflyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
https://bitflyer.jp?bf=ydjfvrke

ビットフライヤーの特徴

株式会社bitFlyer代表取締役は,金融イノベーターの 1 人「加納祐三」さんです。
テレビCMも放映しており、広告にはかなり力が入っているようで
仮想通貨取引所の古株と言ってもいいでしょう、2017年を「仮想通貨元年」と言ったのもビットフライヤーが初めてのようです。

株主が多く、資金力が豊富

ビットフライヤーは多くの大企業がスポンサーになっていることで有名です、ベンチャー企業の参入も多い仮想通貨取引所の中でも
頭一つ飛び出た資金力を誇ります。
大手スポンサーが大量についている事から、信用度、安心度が違ってくるのは明白ですよね。
ビットフライヤーの株主

国内だけではなく、海外にも手広く進出

2017年8月にはアメリカへの進出。多数の州から認可を得ており、その数はなんと34
アメリカのメディアに報道され、雑誌やメディアでの報道はもちろん、ユーチューブなどでも
かなりの動画が上がっています。

利用者数、月間取引量の激増

2014年開始時の利用者数は5万人前後といわれていましたが、現在利用者数は60万人を突破中
仮想通貨自体の月間取引量に関して言えば、10億円規模だったものが
1.4兆を突破するという快挙を成し遂げているほどです
やはり、株主に大手スポンサーが付き始めたころが、激増した理由の1つでもあるそうです

ビットフライヤーで取り扱っている仮想通貨

ビットフライヤーでは仮想通貨の取り扱いに、ビットコインを筆頭に以下のアルトコインを
取り扱っています
ビットフライヤー取り扱い仮想通貨一覧
日本の取引所の中では、そこそこに取り扱い通貨がある取引所ではないでしょうか?
ビットコインを筆頭に、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック
ライトコイン、モナコインと、アルトコインを取り扱っています

ビットフライヤーを使っている人たちの声

Coincheck

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

コインチェックの特徴

取り扱っている仮想通貨の量が、取引所の中ではトップクラス
ビットフライヤー、ザイフ等の取引所に比べて、コインチェックのアルトコイン取扱量は
頭一つとびぬけています、もしビットコイン以外の仮想通貨に投資したい!って方はこちらをお勧めします

取り扱い仮想通貨一覧
コインチェックの仮想通貨取り扱い一覧

ビットフライヤーと比べて2,3倍近い仮想通貨の取り扱いをしているコインチェックですが
ビットインを筆頭に、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシック、ライトコイン
モナコイン、リップル、ネム、ダッシュ、ジーキャッシュ、モネロ、リスク、ファクトム、オーガーを取り扱っているようです

その中でも特に、DASH、Monero、Zcash、LISK、Augur、Factomはコインチェックのみでしか
取り扱いをしていないアルトコインなので、是非これらを扱ってみたい方はこちら
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

コインチェックのアプリは、比較的初心者にも使いやすい仕様になっていると話題なので
初心者の方には、こちらも比較的お勧めにできるサイトの1つです。

現物取引とFX取引の違い

取引所に登録したら、現物取引とFX取引の両方を行うことができます
今回はビットフライヤーの方で説明することにします
会員登録を済ませた後、こちらの画面に入ると思います
ビットフライヤーの取引画面
※もし会員登録をすませてない方はこちらから、https://bitflyer.jp?bf=ydjfvrke

左のメニュー画面に、bitFlyerlightningという箇所がありますよね?
そこをクリックすると以下のような画面になります
ビットフライヤーの取引画面
画像の上の部分、〇で囲んでいる部分がありますよね、ここで現物取引とFX取引を選ぶことができます。

では、現物取引とFX取引って何が違うの?って話題に触れていこうと思います

現物取引とは?

1コインが160万円の仮想通貨を買うためには、160万円が必要になりますよね
そのまま160万円で仮想通貨を購入することを、現物取引と言うことになります
普段私たちが、スーパーなどで買い物をすることも、実際には現物取引と言われるものになります。

ビットフライヤーでは取引所との間で行う、現物取引と
ユーザー間での取引を行う、現物取引と、2種類の現物取引を行うことができます

長期保有をするのであれば、取引所で買い、値段が上がった時に取引所で売るというスタンスでもいいですが
1日単位の短期取引を行う方などは、とられる手数料が少ない、ユーザー間での取引をお勧めします。

FX取引とは?

みなさんが一番気になっているのは、このFX取引だと思います
私自身もやってみるまでは、中々むずかしいシステムだと思っていましたが、始めてみれば簡単です。

FX取引の主な特徴としては、レバレッジという独自のシステムが使える点です
現物取引では、160万円のコインを買うには、手元に160万円が必要になりますが

このFX取引のレバレッジというシステムを使えば、なんと16万円で
160万円のコインを買うことができます

取引所(ビットフライヤー)から資金を借りて、取引を行うことができる、という事ですが
その分リスクもあります
ただし、証拠金(最初に自分が用意していた16万円)が50%を切ってしまうとロスカットというシステムが発動して
強制的に取引が終了されるため、マイナスになって借金をしてしまう、というような形を回避できるようになっています
それでも、最初に持っていた証拠金が半分以下になってしまう点や、50%のロスカットが間に合わなくて
マイナスになってしまう可能性もあるので、自己責任という形で行うようにしましょう。

ビットコインとアルトコインの違い

ここまで、ビットコインのおおよそのお話をしてきたわけですが
ビットコインとアルトコインの違い、という話に触れていきたいと思います。

仮想通貨のビットコインとは

仮想通貨の中でも、ひときわ有名と言われているビットコインとは
その名の通り仮想通貨、インターネット上で使われる通貨となります
なら、ゲームとかで使うお金と一緒じゃないの?って思うかもしれませんが

このビットコインはまったく違う存在なんです
特定のゲーム等だけで使うことのできる仮想通貨は、企業で作られていることが多く
利用者を増やしていくことで、仮想通貨の運営が利益を上げることを目標としています。

しかし、このビットコインとは
私たちが日常生活で使うことを主として、作られているコインであり
国の円、ウォン、ユーロ、元、ドルなどと同じように
日常生活で物の売買ができるようにするという、画期的な仮想コインになります
現時点では仮想通貨自体が、作られて間もないこと、発展途上の事もあり
未実装な部分もありますが、今後、仮想通貨が発展していくにつれて、私たちの生活を
さらに便利にしてくれる、そんな仮想通貨時代になると思います。

では、アルトコインとはなんなのか?

ビットコインが上記の物とご説明させていただきましたが、では
アルトコインとは何なのか?ビットコインとは一体なにが違うのか?ご説明します。

ビットコインは先ほど述べた通り、発展途上、作られたばかりの仮想通貨です
しかし、その分対策がしっかりとされていない部分や、仮想通貨として足りない部分が多くみられています
送金速度の問題や、セキュリティの問題等

それらを補って改良したものが、アルトコインと言われる
ビットコインキャッシュや、ライトコイン、イーサリアムなどの有名なアルトコインになります

現状ビットコインは、認知度、利用度など、ほかの仮想通貨を置いて
1人勝ちしているような状況です
それこそ、仮想通貨=ビットコインと思われているといえるほど
皆さんにも広まっていると思いますが
現状でも約600種類以上のアルトコインがあるといわれている中で
将来的に、仮想通貨自体が進歩していくなかで、もしかすると
アルトコインの内のどれかが、ビットコインを抜いて人気になるかもしれません。

まとめ

このように、初心者にもわかりやすいように、簡単に説明させていただきましたが
いかがでしょうか?
ビットコインに多少興味が出てきた方や、これから始めようと思ってる方は
以下に登録してみてください!仮想通貨をより知ることができるとおもいます。
https://bitflyer.jp?bf=ydjfvrke

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck